スパッソ環境計画の強み

HOME > スパッソ環境計画の強み

美容系店舗の成功のカギとなる
内装デザインをご提供します

内装デザインにおいて最も大切なのは、「お客様のイメージを忠実に表現すること」ではなく、「店舗を利用するお客様のニーズを的確に把握して形にすること」です。こちらでは、心理学や人間工学に基づいた店舗設計を得意とする「スパッソ環境計画」の強みをご紹介します。

「shu uemura」「GIVENCHY」「POLA」などを手がけた実績

「shu uemura」「GIVENCHY」「POLA」などを手がけた実績イメージ

「スパッソ環境計画」には、多くの有名コスメブランドの店舗設計を行ってきた実績があります。ターゲットニーズを把握し、ブランドイメージを高めるためのデザインを考え、費用対効果も考慮しながら「お客様の心をぎゅっとつかんで離さないプランニング」を進めていきます。有名企業・大手企業の店舗デザインを行う中で培ってきた知識と経験を、さまざまな規模・業種の店舗において活かすことが可能です。


社長自らの「目」と「手」によるご提案

社長自らの「目」と「手」によるご提案イメージ

店舗設計・店舗デザインのご相談には、当社の代表・浜村さとるが最初に直接うかがいます。まずは、店舗に関するこだわりや想いを遠慮なくお話しください。そのお話の内容をふまえて、お客様がお持ちのイメージを具体化していきます。重要なのは「つくって満足」ではなく、つくって満足し、開業後(改装後)も満足できるような店舗デザインをご提供すること。数多くの美容系店舗に携わってきた浜村が、これまでに培った経験とノウハウを活かしながら、お客様の長期的な「満足」をつくります。

実務に関しては、当社デザイナーがお客様専任として内装デザインを担当します。さまざまなご提案やプランニングを当社代表とともに手がけていきますので、気になることがあれば何でもおっしゃってください。


女性向け店舗を理解できる「女性デザイナー」が在籍

女性向け店舗を理解できる「女性デザイナー」が在籍イメージ

女性をターゲットとする美容業界の店舗をつくるなら、女性の心理を理解することが第一歩。女性は理論よりも感性を重視する傾向があるため、「第一印象」や「直感」で心をつかむ工夫が必要です。そのためにはどうすればいいのか? 女性のことを一番知っているのは女性です。「スパッソ環境計画」には複数の女性デザイナーが在籍しており、女性ならではの視点や女性らしい感性によって、集客・売り上げのアップにつながる内装デザインを行っています。


設計・デザインだけでなく施工管理も対応

設計・デザインだけでなく施工管理も対応イメージ

当社では店舗のジャンルや規模、立地、コンセプト、ターゲットなどに合った店舗をつくりあげるために、「設計・デザインを行って終わり」ではなく、図面の提出時や着工時、竣工時などに厳格なチェック・工事管理を行っています。いくら紙の上で形になっていても、それが店舗として実現できなければお客様にとっては意味がないからです。

「デザイン力」は、「0を1にする実現力」といい換えることができます。オーナー様とともに練り上げたイメージを再現するために、できあがりまで責任を持って対応いたします。


人間工学に基づいた店舗を実現

人間工学に基づいた店舗を実現イメージ

店舗の成功と失敗は第一印象で決まるといわれています。しかし、パッと見の美しさだけでは、本当の意味で「売り上げにつながる店舗」にはなりません。集客や売り上げをアップするために求められるのは、人間工学に基づいた必要設備と人の流れを考慮した店舗デザインです。

エステサロンに欠かせないトリートメントルーム、シャワールーム、パウダールーム、更衣室などは、施術を受けるお客様にとっても施術をするスタッフ様にとっても「快適な動線」でつながれなければなりません。またクリニックなどでは、「掃除がしやすい」「備品を補充しやすい」「他のお客様と視線が合いにくい」といったポイントも重要になってきます。そうしたことをすべて考慮し、心理学や人間工学をふまえて「また来たくなる店舗」の実現に努めています。